DMMでVプリカを使う方法とPayPal経由で使う方法

VプリカをPayPalに登録してDMMにチャージできますか?VisaプリペイドカードはDMMで使えますか?Vプリカは艦これ(DMMゲーム)に課金できる?PayPalの新規登録時にデビットカードいらいの?という質問を頂きましたので、実際にVプリカをDMMポイントチャージした方法を解説します。

DMMでVプリカをチャージする方法

DMMでVプリカをチャージ使用としたときの話をします。

私がポイントチャージをしようとしたときDMMではVプリカを直接使うことができませんでした(泣)
しかし、PayPalにVプリカを登録しておけば、PayPal経由Vプリカを使えます。

まずはPayPalでアカウントを作成して、Vプリカを登録しましょう

Vプリカを購入、登録

ネット専用Visaプリペイドカード『Vプリカ』
ネット専用Visaプリペイドカード『Vプリカ』。インターネット上のVisa加盟店で、クレジットカードと同じように使えます。

DMM Vプリカ

アカウント開設から、アカウントを作り、1000円のプリカを買いました。

DMM Vプリカ PayPal

PayPal新規登録、Vプリカチャージ

PayPal(ペイパル) - かんたん&安全なオンライン決済サービス
ペイパルの日本語公式ホームページです。ペイパルは、クレジットカードや銀行口座で支払いと受け取りが簡単にできるオンライン決済サービスです。世界2億5000万人以上のユーザーが日々国内外で利用しています。

DMM PayPal

※新規登録ではVプリカでの登録はできません。クレジットカード、デビットカード、銀行口座のどれかでの登録になります。「PayPal新規登録」「PayPal使い方」で調べるとデビットカードが必要という嘘情報をあなたに伝えて、デビットカード契約させようとするサイトもたくさんあるので注意ください。DMM PayPal DMM Vプリカ

PayPalのパーソナルアカウントから新規登録します

DMM Vプリカ

PayPalにVプリカを登録します

DMM Vプリカ DMM Vプリカ DMM Vプリカ

私のPayPalアカウントにはクレジットカードも登録してありましたので、Vプリカを優先してPayPalからお金が引き落とされる設定にしました。

DMMにPayPal決済でポイントチャージ

DMM Vプリカ PayPal

DMMのポイントチャージページで「PayPalでのお支払い」を選択します。

DMM Vプリカ PayPal DMM Vプリカ 艦これ

PayPal経由でVプリカを使ってポイントチャージできました!

DMM Vプリカ 艦これ

これで艦これに課金したり、動画視聴をVプリカからできますね

ざっと説明したけど、やっぱり面倒くさいですね(笑)

私は最終的に楽に始められる、アフィリエイトを始めました。

初めは何からやればいいか、さっぱりわからなかったけど、

↓ こちら ↓ の記事を参考にしたら毎月1万円以上稼げるようになったよ♪

私が毎月1万円以上を副業アフィリエイトで稼いだ方法
毎月1万円のお小遣いを増やしたい方へ 「私が毎月1万円以上を副業アフィリエイトで稼いだ方法」をメールでプレゼントしてます。 こんにちは 本が好きなサラリーマンのサトシです。 (男 34歳 埼玉県) 私は昔こんな悩みがありました ポイントサイトでお小遣い稼ぎをしているのに、全然お金が貯まらない もう少しお小遣いがほしい 家でもで...

PayPal紹介サイトでデビットカードを勧めるサイトに注意

この記事を書くためにPayPalの情報を集めていました。

そのときに気がついたのですが、「PayPal新規登録」「PayPal使い方」で調べると「PayPal新規登録」「PayPal使い方」で調べるとデビットカードが新規登録時に必要という嘘情報をあなたに伝えて、デビットカード契約させようとするサイトもたくさんあるので注意ください。

デビットカードはいらないです。クレジットカードか銀行口座で問題ありません。

PayPalでは今新規登録キャンペーンをやっています。

DAZN(ダゾーン)で使える500円クーポン → 2019年3月31日(日)まで

ANAで海外航空券購入時に使える1000円クーポン → 2019年12月31日(火)まで

詳しくは公式サイトをご確認ください

キャンペーン一覧 | 個人向け - PayPal(ペイパル)
ペイパルで使えるおトクなクーポンなどがもらえるキャンペーン情報をご紹介。ペイパルを使えば、安全におトクにオンラインショッピングを楽しめます。

Vプリカのチャージ金額

Vプリカはクレジットカードやデビットカードとは違うので、審査不要で、24時間どこでも購入する事ができます。
インターネットで購入することもできるし、コンビニで簡単に購入する事ができます。
しかも使用場所は、VISA加盟店であればどここでも利用できるので、その使用範囲は相当広くなっています。

購入できる金額は、複数枚のVプリカを購入することで、最大10万円分まで持つことができます。
10万円分あれば、日常生活の必需品や娯楽では、買えないものはないと思います。
Vプリカ他の電子マネーのようにアカウント登録しなくても利用できます。
ただ、アカウント登録をしたほうが、セキュリティー上確実なのでアカウント登録をされることをおすすめします。
購入は、コンビニエンスストアで購入できます。
セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・デイリーストアヤマザキなど主要のコンビニで購入可能です。
VISAはもちろんのことマスターカードでも購入は可能です。
ネットバンクのジャパネット銀行でも購入可能です。

コンビニで購入する場合は、2000円から30000円までのVプレカを購入できます。
クレジットカードであれば、500円から30000円まで購入可能です。
インターネットバンキングでも500円から30000円まで購入可能です。

ただし、購入時に200円の手数料を取られますので、500円分を購入するとちょっと損した気分になります。
手数料の200円は、セキュリティー代と考えれば納得ですが、なかなかそうは考えられないので、現状あまり普及していないのではないでしょうか。

Vプリカを使う方法 楽天ID決済

残念ながらVプリカはDMMポイントチャージで、Vプリカを直接使用することはできません。

PayPalの他には楽天ID決済を使う方法です。

決済画面で楽天ID決済を選択してから
楽天アカウントにVプリカを登録しているものを使用します。

【結論】PayPalのほうが簡単につかえますよ。又はDMMではなく楽天やamazonで使っちゃおう

Vプリカとクレジットカードの違い

クレジットカードを作成するときには、当然本人確認があり、個人情報を公開しないといけません。
それに、必ず審査がありますので、審査に通過しなければクレジットカードを作成する事ができません。
その点、Vプレカでは、カードの作成時には、名前もニックネームで登録できますし、作成時の審査はありません。

ネットで買い物をするときは、カード1枚あれば、クレジットカードと同じように購入する事ができます。
面倒な審査もなく、個人情報も公開することなく簡単にカードを作成することができます。
そのため、気軽に作成して、ネット購入に利用できるというメリットがあります。
買い物をするときには、VISAマークがある所では、自由に利用することができるのがメリットとなります。
他の電子マネーと違って、買い物可能サイトというのがVISAマークがあるところであれば、どこでも利用できるというメリットがあります。

物理的なカードの発行をしないため、トラブルになることがありません。
セキュリティー上も問題なく、安心して使うことができます。
クレジットカードやデビットカードの場合は、審査をして通過して発行されるまでには、相当な時間がかかりますが、Vプリカの場合は、申請後即利用できるというメリットもあります。
Vプリカの場合はコンビニで24時間いつでも購入できるため、暇なときにでもコンビニで購入することができます。
手続きが簡単で、即利用できるメリットがあります。PayPalをつかえばDMMで使えます。

マインクラフというゲームをネットで購入する人が結構います。

そもそもマインクラフトというものはどういうものでしょうか。
仮想の地球空間を作り出しているようなもので、その中で自由に生活をするというアドベンチャー系のゲームとなります。
意外にこの手のゲームにハマる人が多くいて、その購入手段としてVプレかを利用することができます。
その購入方法をちょっと教えます。
マインクラフトをVプレカで購入しようとして購入できないということを多数聞いていましたので、今回正しいマインクラフトの購入方法を説明致します。
クレジットカードであれば簡単に購入できますが、Vプレカで子供でも購入出来る方法となります。
マインクラフトというのは、ゲームを購入するというよりは、アカウントを購入するという感じになります。
まず、最初にアカウントを登録します。
登録するには、メールアドレス・パスワード、誕生日を入力すればすぐに登録できます。
入力したメールアドレス宛に確認メールが届きますので、届いたメール内に書かれているURLをクリックしたら完了です。
マイクラフトは3000円程度なので5000円のVプリカを購入しておきます。
マイクラフトにログインします。
登録した時に入力した、メールアドレスとパスワードを入力してログインします。。

ここで、通常であれば購入画面に遷移するのですが、中には購入画面に移行しない人も多数でています。
そんな人のために、一番決済間違いがないのが、タブレット端末で購入すれば間違いがないようです。
このように、サービスによっては決済画面に行かないものも多々ありますので、注意が必要です。
完了すると、Vプリカに登録しているメールアドレス宛にしようした結果を報告してくれます。

Vプリカは個人向けのものは、結構な人が知っていると思います。

その購入方法や使い方は、いろいろと説明されているサイトもあり一般的になっています。
Vプリカに法人向けのVプリカというのがあるのをご存知でしょうか。
法人向けのVプリカというのはどんなものでしょうか。
法人向けのVプリカは輸送などのコストを削減できます。
法人の場合は、輸送費というのは馬鹿になりません。
相当数の関係者に送りますので、その時の輸送費は相当なものです。
Vプリカを利用することで、輸送コスト削減ができます。
その分を関係者に渡す品物代金に反映することができます。
法人様、独自のオリジナルカードを発行することができるので、会社のブランド力を高めることにもつながります。
一番なのは、VISAというブランド名を利用することができるので、貰う方も安心してもらったあと利用することができます。
法人の場合は、予算に合わせて1円から作成することができますので、無理な出費を防ぐことができます。
無駄な出費をしないで、関係者には喜ばれて使ってもらえますので、非常に便利な贈り物として利用できます。
贈られる側も非常に便利なVプリカと言えます。
VISAマークがある所ではどこでも使えますので、別途手数料等を取られる心配がなく利用できます。
決済するときは、決済画面にVプリカのカード情報を入力するだけで、決済が完了します。
クレジットカードで決済を行っているような感じとなります。

Vプリカとクレジットカードの違いってわかりますか?

クレジットカードを作成する時には、当然本人確認というものがあり個人情報を公開しますね。
それと審査があり、それを通過しなければクレジットカードを作成することができません。
しかし、Vプリカというのは、カードを作るときに名前もニックネームで登録できるから個人情報を公開しなくていいし、
なんと審査がないんです。審査に落ちたらどうしようとか心配する必要はないです。
ネットで買い物するときは、Vプリカ1枚あればクレジットカードと同じように商品を購入することができます。
気軽に作成して、即ネット購入に利用なんてことが可能です。
他の電子マネーと違ってVISAのマークのあるお店ならどこでも利用できるというメリットもあります。
VISAだからセキュリティー上の心配がほとんどいらないし安心して使うことができるんです。
クレジットカードの場合、審査を通過して発行されるまでに相当な時間かかかりますが、
Vプリカの場合は申請後、速攻利用できるというメリットがあるんです。
それにVプリカはコンビニで24時間購入できちゃうから、
突然必要になった時でも、暇な時でも、いつでも気が向いたらコンビニで購入することがでるんです。
手続きが簡単で即利用可能!これがクレジットカードどVプリカの違いなんですね。
クレジットカードの代わりとして使えるVプリカですが、似たようなものでVISAデビットカードというものがあります。
違いはまず上限金額の違いです。Vプリカは29000円までと決まっていますが、VISAデビットカードは預金残高となります。
つまり預金残高が100万円だったら100万円が上限。

次の違いは、チャージのある無しです。Vプリカは自分でチャージしておかないと使えません。
上限が決まっているVプリカなら盗難にあって不正使用されてしまった場合でも、
チャージした分以上使われる心配はありません。
VISAデビットカードだったら預金残高の全部を使われてしまう可能性があるわけです。
Vプリカなら現金の入ったお財布だけ、VISAデビットカードなら通帳やキャッシュカードを盗まれたようなもの。
ちょっとした買物をするときはVプリカ、大きな買物をするときにはVISAデビットカードが便利です。
Vプリカというのは利用するたびに番号が変わるのですが、VISAデビットカードの番号は変わりません。
どちらがいいかは使う人次第です。毎回チャージするのが面倒な人ならVISAデビットカードがおすすめですが、
そうじゃない場合は、セキュリティーも考えるとVプリカが便利だと思います!
Vプリカはカード情報を入力するだけで、クレジットカードと同じように使えちゃう便利なカードです。
必要なカード情報の入力項目は、名前・カード番号・セキュリティーコード・有効期限です。
インターネット上では、amazon・楽天など大手ネットショップはもちろん、VISA加盟店で使えます。
でも注意したいのは、Vプリカでも使えないサービスがあるということなんです。
毎月継続して料金が掛かるような月額制のサービスには利用できないんです。
たとえば公共料金や衛星放送料金の支払いです。
1回で支払いが終わるものでなければ利用できないので気をつけましょう。

VプリカのAmazonでの買物の仕方を簡単に説明しますね。今回の例の受け取り先はコンピニのローソンです。
Amazonのサイトでほしい商品を見つけたら、ショッピングカートに入れるを選択して、買物できるようします。
次に、お届け先の入力欄が出てくるので、住所を入力。受け取り先をコンビニに指定して、購入。
次に支払い方法が出くるので、クレジット支払いを選択します。そこで、クレジットの代わりにVプリカを使用します。
名前の入力欄があるけど、Vプリカの場合ニックネームを使用することがでるんです。
Vプリカはすぐに決済されるから、そのまま商品の購入ができちゃいます。
Vプリカの使い方はクレジットカードど同じだから、セキュリティーもクレジットカード並みなんです!
カード番号で利用できて、いつどこで使われたかをしっかり履歴に残すことができます。
そのため他人に使われるような事はまずないし、もし使われた場合でも、いつどこで使われたのかを知ることができます。
それにVプリカを作るときは、本人認証も審査も無いから、個人情報が漏れて他人に知られる心配はないんです。
万が一紛失した場合でも、会員サイトにログインして自分で止めることができます。
カード番号を自由に変えることもできちゃうからセキュリティー面では退会信頼性が抜群なんです。
たとえば海外のちょっと信頼のできないサイトの支払いをするのにクレジットカード決済を選んだ場合、
作っておいたVプリカでお支払いをすれば個人情報が海外のサイトに流出するというこもないわけです。
これでどんな海外サイトの動画でも安心して見ることができちゃいますね。どんな決済をするにしても、
個人情報を知らせないといけないとなると、ちゃんと守られているかとっても心配になりますよね。

安全性の高いVプリカはクレジットカードの代わりとしていろいろな使い道ができるのでほんとうに便利です。
Vプリカがどのようにしてこの世に出てきたのか気になりますよね。
実はライフカード株式会社が2011年に日本初のVISAバーチャルプリペイドカードを発売したのが最初なんです。
そしてVプリカ専用のサイトがありますが、これはどこの会社が運営しているか知っていますか?
株式会社ライフというクレジットカード発行会社が住友信託銀行と合併して設立した、
すみしんライフカード株式会社が運営会社なんです。
もともとライフ株式会社というのは、法人向けの融資を行なっていた会社なんだけど、
負債額が大きくなりアイフル傘下に入って、ライフプレイカード事業を担当してました。
そのライフ株式会社は2011年に完全にアイフルに吸収合併されます。
そしてライフの負債事業を継続して行なうことになったのがライフカード株式会社なんです。
ライフカードというのはVISAカードのほかにもJCB、MasterCardの計3種類を管理していたんです。
そのなかでVISAのプリペイドカードを発行し始めて、Vプリカの名称で今は販売されています。

コンビニで購入する方法、チャージ金額

Vプリカはインターネット専用のプリペイドカードとして販売されています。
なにやら複雑な仕組みのもとで運営されているVプリカですが、
VISA提携のすべてのお店で使えるとか、
VISAというそのネームバリューで期待値が大きいこれからの新しいカードなんです!

Vプリカは審査不要で、24時間どこでも購入する事ができちゃいます!

コンビニエンスストアやインターネットで簡単に購入する事ができるんです。
購入できる金額は、1枚30000円までを複数枚買う事によって、
最大10万円分まで持つ事が可能です。
10万円もあれば日常生活の必需品や娯楽では買えない物のほうが少ない気がします。
Vプリカは他の電子マネーみたいにアカウント登録しなくても使えるからすごく簡単で便利。
ただ、セキュリティーを確実にするにはアカウントに登録しておいた方が絶対におすすめです。
けっこうどこのコンビにでも取り扱われていて、セブンイレブン・ローソン・
ファミリーマート・ミニストップ・ヤマザキデイリーストアなど、主要なコンビニで買う事ができます。
クレジットカードのVISAはもちろんのことマスターカードでも購入できちゃうんです。
インターネットの場合、ネット銀行のジャパンネット銀行でも買う事ができます。
買える金額は、コンビニで買う場合は2000円~30000円まで。
クレジットカードの場合は500円~30000円まで。
インターネットバンキングの場合は500円~30000円まで。と、なっています。
あと、購入時に手数料200円を取られますが、セキュリティー代と考えれば納得です。

マインクラフトっていう人気のあるオンラインゲームの購入にVプリカを使うと便利なんです。

そもそもマインクラフトってどんなゲーム?って思った人もいると思うので少し説明すると、
仮想に作り出された地球空間の中で自由に生活することができるっていうアドベンチャーゲームの一種なんです。
今回、マインクラフトをVプリカで購入しようとすると購入できない、
という人たちがいるということを多数聞きましたので、ここで正しい購入方法を説明したいと思います。
クレジットカードでの購入は簡単だけど、Vプリカの場合も子供でも購入できる方法だと思います。
マインクラフトはゲームを購入するというより、アカウントを購入するって感じです。
最初にアカウントに登録。そのとき、メールアドレス・パスワード・誕生日を入力します。
すると、入力したメールアドレス宛てに確認メールが届くので、届いたメール内のURLをクリック。
マインクラフトは3000円程度なので5000円のVプリカを買っておくと良いです。
そして、登録したときのメールアドレスとパスワードを使ってマインクラフトにログイン。
それからGetMinCraftを選択。
ここで、ふつう購入画面にページが移るんだけど、
中には購入画面が出ない人たちがたくさんいたという話を聞きました。
タブレット端末で購入するとまず間違いが無いということですよ。
完了すると、Vプリカに登録しているメールアドレスに結果が報告されてきます。
法人向けのVプリカがあるということを知っていますか?

個人向けのVプリカはすでにいろいろと説明してるサイトがたくさんあるから、
知ってる人も多くいると思います。
法人向けのVプリカもいろいろと便利なんですよ。
たとえば相当数の関係者に贈りものを送るようなとき、
法人向けのVプリカを贈ることにすれば、輸送コストを削減できます。
法人の場合、その輸送費というのは馬鹿になりませんよね。
できるだけ経費を少なくしたいところにはもってこいだと思います。
独自のオリジナルカードを発行することができるので、会社のブランド力を高めることもできます。
また、VISAとういブランド名がついていますからもらったほうも安心して使うことができます。
法人の場合は予算に合わせて1円から作成することができるので、無駄な出費を防ぐことができます。
その分の経費を関係者に渡すを品物代金などに反映しても良いですね。
無駄な出費を抑えて、関係者にも喜ばれて使ってもらえる、
法人向けVプリカは非常に便利な贈り物となること間違い無しです。
VISAマークのあるところならどこでも使うことができるし、手数料等を別途取られる心配も無いんです。決済するときもカード情報を入力するだけで決済完了。VプリカはPayPalを使えばDMMで使うことができます。クレジットカードで決済を行なっているような感じです。

贈る方も贈られる方もうれしくてお得で便利なVプリカなのです。
Amazonで商品を購入するとき、Vプリカとamazonギフトをうまく併用するととてもお得な使い方ができます。

Vプリカの使い道がわからない月や、amazonギフトがあまっているときなど、
併用してお得に使っちゃいましょう。
まずVプリカのサイトを表示させ残高を確認します。amazonのサイトを表示させ買いたい商品を選び、
その商品をカートにいれるを選択して購入準備に入ります。
次に「レジに進む」を選択して、住所を入力し配送方法を選択します。
それからVプリカの登録に進みます。お支払い方法の選択画面に「その他のお支払い」オプションがあるので、
クレジットカードの中の「カードの追加」を選びます。
入力フォームに名義人、カード番号、有効期限を入力していきます。
入力できたらクレジットカードを追加するを決定します。
入力したVプリカが選択状態であることを確認して「次に進む」を選択します。
住所入力画面が出てくるので登録住所を選択するか、入力します。
最後に注文確定ボタンを押すと完了です!

Vプリカを使うのは大変じゃありませんか?

私は最終的に楽に始められる、アフィリエイトを始めました。

初めは何からやればいいか、さっぱりわからなかったけど、

↓ こちら ↓ の記事を参考にしたら毎月1万円以上稼げるようになったよ♪

私が毎月1万円以上を副業アフィリエイトで稼いだ方法
毎月1万円のお小遣いを増やしたい方へ 「私が毎月1万円以上を副業アフィリエイトで稼いだ方法」をメールでプレゼントしてます。 こんにちは 本が好きなサラリーマンのサトシです。 (男 34歳 埼玉県) 私は昔こんな悩みがありました ポイントサイトでお小遣い稼ぎをしているのに、全然お金が貯まらない もう少しお小遣いがほしい 家でもで...
この記事を書いた人

記事を書いた人

貯める方法、使い方

サトシ (男 34歳 埼玉在住) → プロフィール