なくしたものが判明!汚れた赤を恋と呼ぶんだ【内容 ネタバレあり】

汚れた赤を恋と呼ぶんだ雑記

汚れた赤を恋と呼ぶんだ

汚れた赤を恋と呼ぶんだ【内容 ネタバレあり】

傷つき、泣いて、僕たちは恋をする。

七草は引き算の魔女を知っていますか――。
夏休みの終わり、真辺由宇と運命的な再会を果たした僕は、
彼女からのメールをきっかけに、魔女の噂を追い始める。
高校生と、魔女? ありえない組み合わせは、
しかし確かな実感を伴って、僕と真辺の関係を侵食していく
。一方、その渦中に現れた謎の少女・安達。
現実世界における事件の真相が、いま明かされる。心を穿つ青春ミステリ、第3弾。

そっちか~い
現実世界のはなしか~い

初めは階段島のはなしだとおもって
読んでいたから、3巻で現実世界に戻ってきて
完全に作者にやられたと思った(笑)

ここで、そっちの話とは、やられた~
完全にやられた!

本当に七草と真辺が捨てたモノがわかる3巻

階段島1巻の島にいる七草の考えは間違っていたのですね~

 

本当になくしたもの

間違っていたというか
すこしずれていたというか

ただし、捨てた部分ですから
そこまで思考できないってのも
なんとなくわかる気がする

人は成長していかないと
今悩んでいるものは、解決できない

絶対にね

悩みが勝手になくなっていればいいけど

自分に原因がある場合は
考えを変えて、何かを捨て、心を成長させ
新しい自分にならないと

解決することはできないって
アインシュタインも言ってたし

自分も経験上そうだと思う

あなたはどう思う?

 

2人が捨てたモノ

 

お互いのためを思って

お互いがすてたものを知ったとき鳥肌がたちました!